[神経科学の発展のために] ダイバーシティの取り組みについて

【ミッション】

日本神経科学会では、全ての構成員が、性別、国籍、年齢、信仰、障害の有無などのあらゆる差異を超えて、神経科学分野の研究、教育、開発において自身の能力を発揮できるよう、環境を整備して人材を育てる取り組みを進めています。この取り組みのため、2005年から男女共同参画学協会連絡会に加盟すると共に、「男女共同参画委員会」を発足させて活動してきました。2017年からは男女共同参画委員会を発展的に解消し、「ダイバーシティ対応委員会」として活動を継続しています。本委員会では、男女共同参画、障がい者支援、マイノリティ支援などに関する施策の検討を広く行っています。
具体的な活動としては、男女共同参画学協会連絡会との連絡窓口、提言・要望活動への協力、連絡会への参加等を行っています。
さらに、年次大会ではダイバーシティランチョンシンポジウムやランチイベントを開催し、企業や公的機関、大学や研究所を含む多様な環境と幅広い年齢層からの発表を行い、交流の場を設けています。
このように、日本神経科学会は、会員の多様性に配慮した様々な活動を今後も推進してゆきます。
 
【活動】
2019年度
年次大会での取り組み
男女共同参画学協会連絡会レポート 
2018年度
年次大会での取り組み
男女共同参画学協会連絡会レポート
2017年度
年次大会での取り組み
男女共同参画学協会連絡会レポート

PAGE TOP