[イベント・研究会情報] 国内イベント

第43回日本疼痛学会 参加登録開始のお知らせ

日本神経科学学会会員のみなさま
生理学研究所の富永真琴です。2021年12月10日(金)、11日(土)に「痛み研究の進むべき道」をテーマにWeb開催する第43回日本疼痛学会の会長をつとめます。
https://cs-oto3.com/jasp2021/
13のシンポジウムを企画し、シンポジウム講演者として外国の痛み研究者にも加わっていただくことができました。
ご存じのように、2021年のノーベル医学生理学賞受賞者の一人は、アメリカ カリフォルニア大学サンフランシスコ校のDavid Julius教授です。私は1996年から1999年にJulius研究室に在籍して、受賞業績であるカプサイシン受容体TRPV1の遺伝子クローニングと機能解析に携わりました。TRPV1の発見は、世界の「分子からの痛み感覚研究」を大きく推進しました。Julius教授がノーベル医学生理学賞を受賞される年に私が日本疼痛学会会長を務めることに運命を感ぜずにはいられません。加えて、1997年のカプサイシン受容体遺伝子クローニング論文の筆頭著者の現ジョンズホプキンス大学Michael Caterina教授に特別講演をお願いすることができました。カプサイシン受容体遺伝子クローニングのインサイドストーリーをうかがえるものと思います。
こうした素晴らしい企画の数々をより多くの方に楽しんでいただくために、大会参加費は所属学会に関係なく「医師10,000円、医師以外5,000円、学生無料」とすることに決定しました。 参加登録は11月1日(月)に開始しました。
一人でも多くの日本神経科学会会員が本大会に参加してくださることを、心から願っています。
第43回日本疼痛学会会長 富永真琴
PAGE TOP