[イベント・研究会情報] 国内イベント

応用脳科学コンソーシアム2021年度キックオフシンポジウムのご案内

********************************************************************
『応用脳科学コンソーシアム2021年度キックオフシンポジウム
~脳科学とAIの融合が創る未来はユートピアかディストピアか~ 』
********************************************************************
【開催日時】
2021年6月8日(火)13:00~16:45  ※Zoomウェビナーによる開催
【プログラム】
13:00~13:20 開会挨拶
一般社団法人応用脳科学コンソーシアム 代表理事・会長 柳田 敏雄
(国立研究開発法人情報通信研究機構 未来ICT研究所脳情報通信融合研究センター長)
一般社団法人応用脳科学コンソーシアム 代表理事・理事長 岩本 敏男
(株式会社NTTデータ相談役)
13:20~13:40 2020年度CAN活動成果と2021年度CAN活動計画
一般社団法人応用脳科学コンソーシアム 理事・事務局長 萩原 一平
(株式会社NTTデータ経営研究所フェロー)
13:40~14:20 基調講演1「脳科学とAIはどんな未来を創るのか」
小川 哲先生(SF作家)
東京大学大学院総合文化研究科在学中に数学者・論理学者のアラン・チューリングについて研究し、投稿作『ユートロニカのこちら側』が第3回ハヤカワSFコンテストで〈大賞〉を受賞し作家デビュー。
2017年の『ゲームの王国』で第38回日本SF大賞受賞、第39回吉川英治文学新人賞候補、第31回山本周五郎賞受賞。
2020年の『嘘と正典』(早川書房)は162回直木三十五賞の候補作となった。
14:25~15:05 基調講演2「脳から考える情報医学・情報医療」
本田 学先生(国立精神・神経医療研究センター神経研究所疾病研究第七部部長)
国際情報医学学会(International Society of Information Medicine)vice-president。
主な研究テーマは、〈情報医学・情報医療〉の提唱と体系化、ハイパーソニック・エフェクトを応用した〈情報環境医療〉の開発、「阿吽の呼吸」の神経基盤の解明、感性脳機能のイメージング、非侵襲脳刺激による機能的治療法の開発など。
15:10~15:50 基調講演3「サイバーブレインインターフェースが創る新たな未来」
茨木 拓也氏(株式会社NTTデータ経営研究所ニューロイノベーションユニット アソシエートパートナー)
VIE STYLE株式会社 Chief Neuro Technology Officer(CNTO)。
神経科学を基軸とした新規事業の創生や研究開発の支援に多数従事。
分野は製造業を中心に、医療、ヘルスケア、広告、Web、人事、金融と多岐に渡る。
15:55~16:40 パネル討論「脳科学とAIの融合が創る未来はユートピアかディストピアか」
小川 哲先生× 本田 学先生 × 茨木 拓也氏
ファシリテーター:萩原 一平
【定員】
先着700名(参加費無料)
【申込締切】
2021年6月7日(月)24:00
  • 申込締切前でも、定員に達しましたら申込受付サイトは閉じさせていただきます。
    締め切り後、ご参加ご希望の方は事務局 までお問い合わせください。
シンポジウム概要はこちら⇒ https://www.can-neuro.org/2021sympo/2021sympo.html
参加登録はこちら⇒ https://www.can-neuro.org/2021sympo/2021sympo.php
弊コンソーシアムの取組みが皆様の更なるご発展に少しでも寄与することが出来れば幸甚です。 ご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。
一般社団法人応用脳科学コンソーシアム 事務局長 萩原一平
 
 
 
PAGE TOP